今年も毎年恒例の「夏合宿」に行ってきました。

学習テーマは「ヒロシマの有る国で」ということで、平和学習です。

写真のような「原爆ドーム」の巨大模型を作り、投下当日に亡くなられた人々を模した「5万人」の人形の顔を描いて、その周りに配置しました。

 

普段の生活ではなかなか実感を得ることができない「5万」という数字の重みを体感し、その1つ1つの人生・生命に思いをはせながら作業をすることで、平和の尊さを身に染みて感じられた学習でした。