今年も小金井学習センターの大事なイベントの一つ「中3を励ます会」を開催しました。
今年の中3は女の子4人です。

 

受験生を励まそうと、小学生、中学生、高校生、そして各父母達のチームがそれぞれの趣向を凝らし出し物をします。

中3が受験勉強で忙しい時期になんでこんな事に時間を使うの?と思う方もいらっしゃるでしょうが、この取り組みがこれからの受験に向かう心作りにつながるのです。

励ますほうはどうしたら中3を励ませるか頭を悩ませ、ドキドキしながら本番に臨みます。
が、励まされる中3は、どんな内容でも、子どもから大人までみんなが励ましてくれることがとても嬉しく、がんばらなくては!とやる気が沸いてくるのです。

今年は、元気の出る歌やダンス、しっとりとした朗読、受験に役立つクイズや憧れの高校生活の寸劇などなど、アイディアに富んだ出し物が勢揃い。
さらに、手作りのミサンガやお守りなど、愛情のこもった贈り物もありました。
スタッフからは中3一人ひとりに叱咤激励の手紙の朗読。

 

 

聞いているとドキリとするような率直なコメントもありましたが、それも子ども達の心には素直に響いているようです。
子どもとスタッフとの信頼関係を感じます。
笑いあり、涙ありの温かいエールに、中3も見ている人も感動とエネルギーをもらいました。

出し物の後には中3一人ひとりから、励ましを受けた感謝の言葉と、受験に向けた決意表明。
みんなからの応援もしっかり伝わったようで、頼もしく意気込みを語ってくれた4人でした。
さぁ、ここから気持ちを新たに、めざせ!VICTORY!

 

 

去年我が子も励まされる立場になって、親たちもどれだけ励まされただろう。
どれだけありがたかった事か。
つくづく想ったのは、人の子ども達の為にこんなにも一生懸命になれる人達を育てている小金井学習センターってもの凄い教育の場であるということ。
受験は問題が解けるようになる事が1番大事なように見えて、それだけではないことが本当に良くわかった。
これは本当に経験してみないとわからないもの。

今日の励ます会が受験当日まであきらめない強い力になるのです。だから大丈夫!頑張る中3、頑張れ中3父母達

 

 

高1父母  新井  坂本